ポイント現金化を行うメリット・デメリットとは?その利点を解説

ポイント現金化を行うメリット・デメリットとは?その利点を解説

 

今日では実店舗で買い物をした際に得られるポイントの他にECサイトなどのインターネット上でお買い物をしたり、ウェブサービスを利用した際にもポイントを得る事ができ、得る方法と同様に使用する方法も多種多様です。

 

得た各サイトや各サービスで使用する方法の他にポイント現金化も提供されており、口座振込という形式で振り込んで頂いた上で現金を手にし使用する事ができます。

 

ポイント現金化は利用方法に応じてメリットとデメリットになる事柄があるため、各々をよく理解し個々の使い方に応じてより良い使い方を選ぶようにしましょう。

 

比較的有名どころのポイントならば知らない内に溜まってるなんて事もあるのでこちらの方法を参考にご覧ください。

 

 

有名どころのポイント現金化について

ポイントの利用用途が広がる現金化のメリット

ポイントの利用用途が広がる現金化のメリット

 

ポイント現金化をする事により得られるメリットとして挙げられるのは、ポイントで所有しているよりも使用可能な範囲が広げられるという事です。

 

ポイントは付与されたサイトやサービス、提携先というように使用可能な範囲が定められていますが、現金であれば使用可能範囲に一切制限が生じません。

 

例えば

 

は基本的に提携している店舗でしか利用する事はできません。

 

また、ポイントは個々のアカウントに対して付与され、IDとパスワードを用いてログインする事によりポイント数を確認したり使用する事が可能になります。

 

今日においてはIDとパスワードを用いてログインを行うだけではセキュリティ上安心できず、二段階認証や高い頻度でパスワードを変更するといった対策が必要です。

 

ポイントの現金化はセキュリティの面でも優れている

 

各サイトや各サービスの中には二段階認証が提供されていない事例が少なくない上、ユーザーが二段階認証を使用しなかったり同じパスワードを使い続ける事例も珍しくありません。

 

そのような状況下でお金の代わりとして使う事ができる多くのポイントを貯めたままにしておく事は心配なので、ポイント現金化をする事はセキュリティの観点からも優れています。

 

一方、使い方や使用時の状況によって気を付けるべきなのは現金化をする際に手数料が発生する事例が少なくない事であり、手数料が高めの事例ではポイントとして目にしていた時に比べ著しく少なくなる場合があります。

 

また、ECサイトなどでは再びサイト内でお買い物をして頂くためにリピーターを獲得する意味合いを込めてポイントで還元している事例が多いので、同一のECサイトから再びお買い物をする時にはポイントで支払いをした方がお得になります。

 

尚且つ、ポイントで支払えば商品代金と送料以外に出費が生じないものの、ポイント現金化をして得た現金を使用して現金振込を行う場合は、銀行振込に際して発生する振込手数料を支払う必要性も生じます。

 

ポイント現金化で注意しておきたい事は税金の調整?

ポイント現金化で注意しておきたい事は税金の調整?

 

さらに、ブログやウェブサイトを運営していて広告収入などにより収入が発生している場合もポイントで収入が付与されますが、ポイント現金化すると確定申告を行う際に税金の管理が難しくなります。

 

その理由は付与時ではなく消費されたタイミングが収入という扱いになる特性が関係しており、現金では容易に行う事が可能な年度末に税金の調整を行うといった事が難しくなってしまいます。

 

なので、ブログやウェブサイトを運営していて多くの広告収入を得ている時は、現金化を慎重に考えた方が良いでしょう。

 

しかしその点を除いても、使い道の無いポイントを現金に変える事ができるというのは充分メリットと言えるのではないでしょうか?

 

本来なら使わずに無くなってしまうポイントを現金にする事ができる、という点が既にメリットと言えるでしょう。

What’s New