Tポイントの現金化は口座があれば簡単にできる?

 

TポイントはTSUTAYAグループの店舗だけではなくYahooJapanやソフトバンクをはじめ、ファミリーマートなどの提携先や加盟店での商品の購入やサービスの利用で貯まり、1ポイント1円で支払いにも利用できます。

 

多くのポイントサービスではそのままで現金化することは不可能ですが、Tポイントは唯一システムとして現金化することが可能です。

 

その方法とは、YahooJapanと提携しているジャパンネット銀行を利用する方法です。

 

 

Tポイントの交換レートはいくらなのか?

 

交換レートは100ポイントにつき85円と等価交換ではありませんが、オフィシャルに提供されている交換方法であることから安心できるのに加えて、何より余ったポイントを現金化できるのは助かります。

 

まずはポイントが貯まっているTポイントカードをYahooJapanIDに登録し、そのIDのYahooウォレットの受け取り口座情報にジャパンネット銀行の口座を登録します。

 

つづいて「Tポイント交換」を選択し、重要事項を確認してから「同意する」を押し、交換したいポイント数を入力しますが、交換単位は1000以上、100ポイント単位となります。

 

全ての項目を確認して問題が無ければ「申し込む」を押せば手続きは完了で、約2週間後に先ほど登録したジャパンネット銀行の口座に現金が振り込まれます。

 

なお、一度この交換を申し込むと30日間は次の申し込みができないことに注意が必要です。

 

オークションでTポイントを現金に変える方法も存在している

 

もうひとつの方法は、商品券やギフト券など現金化しやすい商品をTポイントで購入する方法です。

 

Tポイントが支払いに利用できるYahooショッピングやYahooオークションでは、それらの金券が販売されていることがあり、購入してから自身でYahooオークションに出品したり金券ショップに売却することで現金化できます。

 

ただし、額面通りに金額で買取ってもらえるとは限らないだけではなく、取引手数料やシステム利用料、送料などの諸経費を差し引けばさらに手にできる金額は少なくなってしまいます。

 

そこで試したいのが、価格を券面より吊り上げて販売する方法です。

 

季節によってはネットオークションや金券ショップには、クレジットカード枠や携帯のキャリア決済の枠を利用して現金化をしようとするユーザーで溢れます。

 

彼らは事業資金や借金の返済などすぐにでも現金が欲しくて換金性の高い商品を探しており、券面の金額よりも多少高額な商品券やギフト券でも購買行動に出ます。

 

それを狙ってネットオークションに出品すれば、前述の100ポイント85円で交換するよりも遥かに大きな現金を得られる可能性があります。

 

ネットオークションでTポイントを現金化する場合は注意が必要

 

ネットオークションは相手があることなので必ずしも希望通りの価格で売却できるとは限らず、落札価格が低ければおのずと収益も減ってしまいます。

 

ただし、落札するためにユーザー同士の争いが過熱すれば価格が釣りあがる可能性も秘めており、100ポイント85円では物足りない方にはチャレンジし甲斐のある方法です。

 

額が決まっていないという事は、充分可能性があるという事になります。

 

Tポイントの現金化を考えている方は、安定はしませんがオークションも視野に入れていいかもしれません。